荒井伝太 オフィシャル blog


by atned

プロフィールを見る
画像一覧

荒井伝太Official Twitter

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

画像一覧

外部リンク

10.7 モナ・レコードでのライブ終了!

たくさ〜んのお客さんでモナは満杯でした。
なんかあったかい雰囲気に包まれてのライブ、大成功でした。



今回は " Swing Avenue "と題したsolange et delphine主催のイベント。
モナレコードはとても素敵なお店で、
青空ドライブのライブで何回か出演した事があるのですが、
いつか自分バンドで出演したいと思ってました。
それが叶って嬉しい。

今回の伝太のライブは、
八木ちゃん、ヤッツン、悠くんのメンバーになって最高のショウだった、と思う。
演奏的にはNGがあったんだけどね。
でもなにしろお客さんの顔がみんなニコニコしてて、乗ってくれて。
こっちも嬉しくなっちゃってニコニコしちゃって、
そんでまたお客さん、ニコニコしちゃって。
きっと楽しんでくれてるんだろーなぁーって思いながら歌いました。
メンバーの気持ちもグイグイ伝わって来て、熱くなっちゃって。
monaはお座敷ステージなんだけど、大きなホールで歌ってる気分になっちまった。

なんだろ、あれ?俺こんな熱い男だったっけっ?って思うぐらい感動しちゃいました。
これはもー、メンバーと店とお客さんとのバランスがマッチしたんだなぁと。
僕はそこに乗っからしてもらったって感じです。ありがとう、と言いたい。

当日、ドラムの悠くんがリーゼントにしてきてさ、
僕もずっとリーゼントだった事を思い出してさ。(笑)
悠くんは素直にポマード系の世界を持って来る。
僕は本当はポマード系が好きなのにひねくれて遠回りだった。
でも最近はそのポマード系当時にやってた音楽を素直にまた表現出来るようになってきたんだ。
だから1曲目にやった「橙色のブルース/Orange & Blue」は、
そのまんまJerry Lee Lewisのスタイルにアレンジし直した。
彼は僕のアイドルで彼の音楽があったからこそ僕は音楽を始めたようなモンだ。
ブギウギロケンロールピアノ。それが僕の原点で、それ以上、それ以下でもない。
その頃よりかは表現力も広がったから、その当時のままではないんだけどね。

そして今回は各バンドにカヴァー曲を1曲って縛りがあり、
僕はもう一人のアイドルNat King Cole からTrio時代の「Sweet Lorraine」を選んだ。
この曲は僕がkingcoleを初めてコピーした曲なんです。
18歳か19歳の頃です。音楽の専門学校に通っていて、
この曲はスタンダードなんだけど、譜面が無かった。
だから1音1音,音を採って譜面にした。
恩師の山屋先生に「よくこのイントロをコピーしたね。エライ」と誉められたのが凄い嬉しかった。

この曲を選んで良かった。この曲がベースのヤッツンのターニングポイントになった。
本人がそう感想を述べてた。Swingを理解できた、と。僕はそう言われてジーンとした。
ここにも音楽の喜びを共有できるヤツが出来た。ありがとうNat&ヤッツ。

ギターの八木ちゃんはさ、いつも無口で穏やかで目立たない感じなんだけどさ、
ライブをすると、あまりオーバーアクションしないのに、いつもお客さんの感想は、
「ギターの人が凄く良かった」ってなモンさ。目立つんだな。
本当に良いギターなんだ。

そんな思いも色々詰まって、それ以外の想いも詰まって、それがライブに色濃くでたのかなぁ。
音ってその人の性格と気持ちがそのまんま出てしまうんだよね。

あらら、長文になってしまったな。

1番目の矢舟テツローさん。僕とスタイルが被るとこがあって笑ってしまった。
だって帽子まで一緒なんだもん。オルガンサウンドもそうだし。選曲も僕好みだし。
良いバンドメンバーに囲まれているのも僕と一緒。
アメリカン・ルーツ音楽を継承し、日本語のポップサウンドを創って行く、
そんな鍵盤男歌手が此処にもいたんだ、とジーンとしてしまった。
また競演したいです。

トリのソランジュ。これはもう言う事ないでしょう。
主催者ですから。今回はジャズコレからベースの田中君が参加。
とても良いサウンドになっていたんだが、う〜ん・・・、
このバンドはウッドベースの見た目が合うバンドだと思うので、
田中君はウッドも演奏するから、そちらで見たかったなぁ。
勿論、田中くんはエレベでも申し分ないクオリティのサウンドを持つミュージシャンなんですよ!
ドラムはおなじみ深田さん。今回は深田さん持参のネギというブランドのドラム。
とても良い音で50年代Jazzの音がしました。
そのリズムに叙情的なバイオリンが絡まる。良いリズムサウンドだ。
そして相変わらず長いMCの長谷くん、今回は調子が出なかったのか、
MC時には会場に雪が降ってたね(笑)いやいや、僕は大好きですけど。
今回のイベントに誘ってくれてありがとう!
またやりたいな。っていうかモナでまたライブしたいです。
スタッフの皆さん、宜しくです。

あ、遠方からもお客さんが観に来てくれたのが嬉しかった。
どうもありがとー。

そして・・・

両親が観に来てシマッタ・・・・。

恥ずかしい・・・。

今回のセットリスト

1. 橙色のブルース(邦題)/Orange & Blue
2. スライド
3. こみち

4. 首都高
5. Sweet Lorraine ..by Nat "King" Cole Trio
6. Bonnie's Tempo

7. 回転木馬の君と僕 ..by 八木橋/伝太
8. さよならバイ
9. 虹色テーブル
>>> Ending "C-Jam Blues" <<<
[PR]
by atned | 2006-10-08 12:00 | diary

News!!

Twitter
"荒井伝太OfficialTwitter"開設!
https://twitter.com/denta_official
Facebook
[荒井伝太 OFFICIAL PAGE]

http://www.facebook.com/denta.arai
上記のページが開いたら "いいね!"を押して下さい。


お問い合わせは
荒井伝太 担当:濵田 まで
お問い合わせフォーム
「荒井伝太」 1stアルバム「荒井伝太」 HMV川崎ラゾーナにて販売/RadioすまいるFM 「アップルパレス」レギュラー

最新の記事

DPS47 #19 愛知Sh..
at 2017-04-29 19:34
DPS47 #18 三重県 ..
at 2017-04-28 20:39
Bonnie's Tempo..
at 2017-01-28 07:36
ライブ・メディアなどの活動情..
at 2016-11-24 15:34
GRAPES KITASAN..
at 2016-10-13 16:03

以前の記事

2017年 04月
2017年 01月
2016年 11月
more...

カテゴリ

全体
profile
discography
schedule
News
予約申込受付
Boogie Bop Bar
Birthday Live
Hip,Hip,Hooray!
diary
LIVE
伝太のブギウギピアノレッスン
年末チェッカーズ
助けて、ぼにを!
sound
予約受付終了
47都道府県(DPS47)
JLL80BP
メディア情報
Bonnie's Tempo
未分類

検索